【旅行記】インドのグルグラム(グルガオン)

インドの首都ニューデリーから30kmの距離にあるグルガオン。

近年多国籍企業の進出により急激に発展してきている街で、IT企業を始め、日本企業も進出しています。

電車も通っており、空港、ニューデリー中心まで電車で小一時間程度で移動も可能でこれからますます大きくなるであろうインドの新興都市です。

デリーからグルガオンまでの電車内です。

自由です。

町並み

駐在の日本人も少なからずも住んでおり、観光地でもないため、自分がここに住んだらどんな感じなんだろうという目線で街歩きをしていました。

結論として、まだまだ日本人が住むには快適な環境と決していえないです。

飲食店、娯楽、がまだまだ乏しく映画館くらいしか遊びに行くところがないと感じました。

モールも一応ありますが、一瞬で飽きます。

相当なインド好きでないとこの環境で楽しんで生活するのは困難でしょう。

電車からの風景。

恐らくグルガオンで一番大きいモールの中です。

駐在員が住みそうな住居。

東京よりはいい家に住めそうですね。

モールにあったKFC。

オリジナルチキンがなく、衣ばかりでまずいです。

発展途上国では、このカリカリチキンが人気っぽいですね。

キングオブドリームス

時間の関係で、タージマハル行きを断念し、完全にノープランでグルガオンに来たため着いた瞬間やることがなく困っていました。

ネットサーフィンをしていると、どうやらグルガオンに本格インディアンミュージカルが楽しめる施設があるとのことで早速最寄り駅からオートリキシャでKing of Dreamsへ。

夜公演のチケットを買いに昼にチケットゲット。

チケットはやけくそで一番高い席にしました。

値段は1300~4000ルピー。

当時2018年2月で大体1ルピー1.5円。

併設されてる、新横浜のラーメン博物館みたいなレストラン施設。

いざ会場内へ。

ホールです。

ミュージカルの内容ですが、ヒンドゥー語なのでさっぱりです。

とりあえず、ハンサムな王子と美しいお姫様が主人公です。

王子の父親の王様の側近が、王様を暗殺し王位を乗っ取ります。

そうはさせんと王子が立ち上がり、無事最後は王位を取り返し、きれいな嫁もいただくという話で9割合っていると思います。

幼稚園の頃よくエポック中原でミュージカルを見ていた頃を思い出す、楽しいミュージカルでした。

楽しかったです。

上映時間は前半後半別れていて大体二時間半。(途中トイレ休憩あり)

帰りの電車夜10時頃、びっくりするくらい男しかいなくてむさいです。

一応一人白人の女の子がいましたが、レイプされないか心配でした。

まとめ

インドは住めない。

てかデリー、グルガオンは住めない。

何よりインド人の女の子とは付き合えそうにないので、外国人にとって彼女を作るのは大変そう。

すんまへん。

記事書いてるのが旅行から帰ってきて大分時が過ぎたので最後雑です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク