映画に集中できなくなった自分がいやだ

俺は中1くらいで映画ファンになった。

きっかけは確か映画好きな父の影響とNHK BS2で毎夜放送していた映画放送だ。

そのせいでませてたガキだったかもわからない。

当時はアメリカンビューティーが俺の琴線に触れた。

日常に美があることを当時は知った。小3で気づいたけど改めておもいしった。

正直アメリカン・ビューティーに関してはラストのブロンド少女の裸のシーンで何度もレンタルビデオを一時停止させて見てた。

そんな思春期を夢中にさせてくれた映画は大人になるとどうだろうか。

鑑賞中にスマホをいじってしまう。。。

映画を見ているのによそ見してスマホを見てしまう。

映画鑑賞中スマホをつい見てしまう自分が大嫌いだ。

ピュアじゃないというか俗っぽいというか、お前本当に映画好きなのかよコラって自分で突っ込みたくなっちゃう。

思春期の頃は昼でもカーテンを閉めて出来るだけ暗くして

トイレにもちゃんと鑑賞前にいって飲み物も冷蔵庫まで歩かなくていいように麦茶をコップいっぱいにして近くに置いてたのに。

一作品ごとに観る熱量が今ではなくなってしまった。

全ては熱量なんだよ。好きという熱量。

スマホは人間の熱量を奪う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク