筋トレして筋肉がつくと女にモテるようになるのか。

結論
筋トレして筋肉がついても女からモテるようにはならない。

モテるようになる1つの要素としてプラスにはなるが、筋トレする前に比べて劇的にモテるようにはならない。

マッチョが必ずしもモテるわけではない理由

1.元々の素材が悪い

これに尽きる。

いくらクリスティーナ・ロナウドみたいな体でも、絶望的に顔がブサイクだったり、女の子と話すときの挙動がキモかったり、見た目が不潔だとモテません。

逆にヒョロガリでも上記のマイナス要素がなければまあ普通にモテはする。

2.筋トレマニアの領域までいくと、世間とのズレが生じる

ある程度筋肉と知識が増えると、ボディビルダーやフィジーカーの影響で増量やら、減量やらをやり始める。

増量期が問題だ。

はっきりいって世間的には、増量期のトレーニーの体なんてただのデブにしか見えない。

世間はその脂肪の下に隠れてる筋肉なんて全く評価してない。

いくらベンチ100kg挙げようが、スクワット200kg挙げようが、そんなものは一切モテには関係しない。

体脂肪12%前後くらいが一番見た目的にモテるだろう。

3.筋肉自慢がキモい

筋肉関連の仕事をしていないなら、SNSとか飲み会で女の子に筋肉自慢をするのはあまり賢い行動ではないと思う。

自慢は嫌われる。キモいからやめよう。

自称筋肉好きの女にとってはせいぜい上腕35cmくらいがちょうどいい。

頼まれもしないのに、筋肉自慢はやめたほうがいい。キモいだけだ。

インスタやFacebookで自分のデブマッチョの肉体を晒していいね!をもらってもそれはネタとしておもしろいからいいね!を押してるだけであって、あなたを異性としていいね!とはおもっていない。

まとめ

以上。過去の自分への次回の念を込めてみた。

筋トレしてるのにモテない人は、自分の筋肉以外の要素で改善点があればそこをまず改善してみよう。

日本人女性は筋肉好きの男は少ないが、25歳以上くらいから筋肉好きになってく傾向がある気がする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク