メイ社長体制の新日に必要なレスラーは柴田だ。

NJPW参上

新日本プロレスが本格的にアメリカに進出し始めた。

昨今、新日が海外で人気が出た理由はなんだろう。

アメプロとは違うストロングスタイルだから?

試合内容が面白いから?

バレットクラブというユニットがクールだから?

日本人レスラーが評価されているから?

どれも正解だと思う。

ただこれだけは忘れてはならない。

外人でワールドに加入して、見てる奴らは、オタクだ。

珍しいタイプの人達だってことだ。

外人に会う機会がよくある俺だが、まあプロレスファンなんて全く出会わない。

本当に出会わない。

新日本はもともとWWEなどのプロレスが好きな人を新日に振り向いてくれるようにするしかない。

アメリカ人でプロレスにも日本にも興味のない人に新日のファンになってもらうのはとてつもなくハードルが高い。

Wrestlingじゃ駄目なんだ。

プロレスじゃないと。

柴田こそ新日のプロレスラーだ

「新日本を辞めることが、新日本だと思った」

この言葉、言い得て妙だ。

柴田がロッカーだったら、

Sex

Drug

Rock ‘n’ Roll

を身を持って示してただろう。

海外興行が増えた最近では、鈴木みのるや石井智宏のようなゴツゴツしたスタイルの日本人レスラーが、日本での観客の反応以上に現地では人気だと言われている。

一般人とは明らかに違う近寄りがたい雰囲気を身にまとい、ハードヒットを得意とするレスラーが海外では人気だ。

超一流の鈴木と石井より、主人公感のあるレスラーが柴田勝頼だ。

一昨年のG1前の優勝予想で棚橋が柴田のことをブロックの中で1番主人公感があると評した。

年齢的にも脂が乗り切っていて、身長もヘビーとしても充分。

試合が面白くてカッコいい。

多くを語らないが、言葉を発すれば、意外にもキャッチーな言葉選びのセンス。

アメリカにはいないタイプのレスラーを排出しているのが新日本の強み。

アメリカに売り込むなら柴田こそ適材。

The Wrestlerならアメリカをtake overできるはずだ。

今はコーチとしてtake over。

ファンとしては無責任な発言だが、柴田の復帰が待ち遠しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク